立涌文(たてわくもん)

立涌文は、立枠(たちわき)文ともいわれ、2本の曲線を用い雲気、水蒸気が涌き立ちのぼっていく様子をあらわしていて、有職文様のひとつです。曲線のふくらんだところに、雲、波、藤、菊、松などを入れて、雲立涌、波立涌、藤立涌、菊立涌、松立涌と立涌の中にもさまざまな文様があります。歴史上の屏風や宝物などにも、また能の装束などにも立涌文が用いられています。

フィード