辻ヶ花(つじがはな)

辻ヶ花文様は、絞り染めを基調に草花の文様などを筆で描いたもので、高度な技術と優美な柄ゆきで室町末期から桃山時代にかけての短い期間に作られ、その後は見かけなくなったことから、幻の染めともいわれています。白・茶・紫・藍の地色に、文様の輪郭を縫ってからしごいて防染する、縫い締め絞りが特徴です。

フィード