袷の着物

着物には昔からのしきたりで季節によって着物の材質、仕立て方法を変えたりする更衣(ころもがえ)という習慣が残っています。現在では「衣替え」「衣更え」と書くこともあります。現在では制服を着る学生や社会人の方などが年に2回、6月1日から夏服に、10月1日から冬服に更衣をしますが着物の場合、袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、うすものの年3回の節目があります。

袷の着物は、一般的に10月はじめから5月末まで着用されます。袷の着物は、表地に裏地を縫い合わせた仕立て方法で、裏地は着やすいようにすべりの良い羽二重などを用いて裏身頃、裏袖、裏衿、裏衽(うらおくみ)を胴裏(どううら)とよばれる生地で、また裾の部分には裾回しや八掛(はっかけ)とよばれる生地で仕立てられています。留袖や訪問着などは、表地と同じ共布で仕立てられています。
最近では、昔と違い結婚式などの決まった時間に着物を着用することやまた式典も室内で行われ、冷暖房が完備されていること、貸衣装の都合などさまざまな理由から夏場などでも袷の着物を着用する場合があります。
フィード