長襦袢(ながじゅばん)

和装では着物を長着(ながぎ)、その下に着用するものを下着といいます。着物の下着とは、正礼装の着物の下に着用する下襲、長襦袢、肌襦袢などがあります。長襦袢は着物や下襲の下に着るもので装飾、実用面の両方の役割をしています。着物の振りから見える長襦袢は着物のセンスがうかがえるところです。冬は袷の長襦袢にすることで温かく、夏は下着が透けるのを防いだりします。また着物の衿、袖、裾などへの汚れもつきにくくなります。また長襦袢の丈は、対丈(ついたけ)といって着物のように「おはしより」がなく、着るとちょうどの寸法に仕立て袖は広袖に仕立てられます。また振袖や若い方の着物で袖の丸みが大きい着物の下に着用する長襦袢の場合は着物に沿うよう長襦袢の袖にも丸みをつけます。

また長襦袢の衿の仕立てには、通し衿の関東仕立てと別衿の関西仕立てといわれるものがありますが最近では別衿仕立てが好まれるようです。衿の種類としてはゆかたなどの衿に用いられる棒衿(ぼうえり)、三味線の撥のように先が広がっている撥衿(ばちえり)、着物の衿と同じ仕立ての広衿の3種類があります。

関西仕立て
(別衿仕立て)
関東仕立て
(通し衿仕立て)
衿の種類
撥衿   棒衿   広衿

長襦袢の衿には必ず半衿をつけます。装飾と実用を兼ねた意味で長襦袢の衿を覆うようにつけます。長襦袢は頻繁に洗濯できませんので、半衿をおおきな縫い目で留めるように縫い付け、こまめに付け替えます。関東衿の通し衿仕立てには、半衿を持ち出したように付けます。半衿は着物美人の第一歩といえます。

フィード