下襲

・下襲(したがさね) 和装では着物を長着(ながぎ)、その下に着用するものを下着といいます。着物の下着とは、正礼装の着物の下に着用する下襲、長襦袢、肌襦袢などがあります。
下襲とは、正礼装の着物である黒留袖、振袖などの下に重ねて着るものをいい、本襲(ほんがさね)と比翼(ひよく)仕立てがあります。下襲は正礼装の着物の下に重ねて着るのですが、正礼装の着物である喪服には「(不幸が)重なる」と嫌われ、最近では下襲を着用したり比翼仕立てをしないようです。

・本襲(ほんがさね) 本襲とは礼装の着物の下に着物と同じ形をした薄い着物のことをいい、着物と長襦袢の間に着用する下着のことです。本襲の素材は、礼装ということで白の羽二重が多く用いられます。最近では手軽さや費用などを重視することから下襲を見かけることが少なくなりました。

・比翼(ひよく)仕立て
比翼仕立てとは、外見からは本襲をしているかのように見える仕立てのことで、本襲でつかわれる羽二重などの別生地で、衿、袖口、振り、裾の部分に縫い付けた本襲の形式的な形のことをいいます。最近では費用面や着用のしやすさなどから比翼仕立てが好まれています。

下襲の種類
・本襲(本式)
・比翼仕立て(略式)

フィード