略礼装の着物と紋


略礼装の着物には、色無地、江戸小紋などがあります。

それぞれの着物と紋についてまとめてみました。


▼色無地、江戸小紋


色無地や江戸小紋は着物に柄がないので紋のあるなしで格が異なり、染め抜き1つ紋を入れると略礼装の着物となります。


1つ紋を入れておくとお茶会やお子さんの学校行事に、また寒色系などの地味な色、地紋なら半喪として着ることができるなど1つ紋をいれておくと、いざという時に重宝します。


※半喪(はんも)
一つ紋を入れた色無地に喪の帯(もしくはそれに準ずる帯)をつけた、装いのこと。
法事をはじめ、偲ぶ会、喪の意味合いが薄い催しなど


▼紬



無地の紬や紬地の訪問着などに縫い紋を1ついれ、軽い略礼装とする場合もあります。


気の張らないお茶会や法事などに着用できます。
法事の場合は、(慶事でないので)暖色系ではなく寒色系を用います。
(灰色、グリーン、ブルーなど)


しかし先染めの着物といわれる絣柄などの紬の着物には紋は入れません。

フィード