正礼装の着物と紋


正礼装の着物には、黒留袖(画像)、振袖、色留袖、喪服があります。それぞれの着物と紋についてまとめてみました。


▼黒留袖


黒留袖は既婚者(ミセス)の正礼装で、下襲といわれる着物を2枚着たような仕立てをしたもの、もしくはそれを略式にした比翼仕立てになっているのが特徴です。

黒留袖には、家紋を染め抜きの日向紋で5つ入れます。


▼本振袖


振袖は未婚者(ミス)の正礼装で、着物全体に模様があるのが特徴です。

正礼装ということから下襲をし、本来なら5つ紋をいれるのですが、総柄のため紋をいれることができない本振袖が多く、現在では省略されるようです。

本振袖は正礼装の着物ではありますが、最近は用途が花嫁衣裳などの貸衣装であることもあって紋についてはあまり重視されていないようです。


▼喪服


喪服は不祝儀の正礼装として、既婚者(ミセス)も未婚者(ミス)も着用します。家紋を染め抜き日向5つ紋で入れます。


▼色留袖


格調高い色留袖に黒留袖と同じように比翼仕立てをし、染め抜き日向5つ紋をいれると正礼装となります。

比翼仕立てをしない色留袖の場合は、準礼装となりますので5つ紋はつけません。

フィード