紋の位置と大きさ

着物につける紋は位置によって、背紋(せもん)、袖紋(そでもん)、抱紋(だきもん)とよばれ、紋の位置にはそれぞれきまりごとがあります。背紋は背縫い上、紋上(もんがみ)から衿付けまで1寸5分(約5.5センチ)、袖紋は袖巾の中央、紋上から袖山まで2寸(約7.5センチ)、抱紋は前身頃の中心、紋上から肩山まで4寸(約15センチ)の位置となっています。

一方「紋の大きさ」にはきまりはありませんが一般的に、女性は直径5分5厘(約2センチ)、男性は1寸(約3.8センチ)、女児は女性と同サイズで直径5分5厘(約2センチ)、男児は8分(約3センンチ)が標準となっているようです。またしゃれ紋の大きさにも同じくきまりごとはありません。

・紋の位置
背紋・・・・・紋上、1寸5分(約5.5センチ)
袖紋・・・・・紋上、2寸(約7.5センチ)
抱紋・・・・・紋上、4寸(約15センチ)

・紋の標準サイズ(すべて直径)
女性・・・・・5分5厘(約2センチ)
男性・・・・・1寸(約3.8センチ)
子供(女児)・・・5分5厘(約2センチ)
                     (男児)・・・8分(約3センチ)
フィード