紋の数

着物に入れる紋の数は5つ紋、3つ紋、1つ紋の3種類があり、同じ紋の表現の場合、紋の数が多いほど格が高くなります。5つ紋は背紋を背縫い上に1つ、袖紋を両外袖(後袖)に各1つ、胸の位置に抱紋(だきもん)を左右に各1つ入れます。5つ紋は正礼装(第一礼装)の着物にだけ、必ず染め抜きの日向紋を5ついれます。正礼装の着物には、黒留袖や喪服などがあります。着物は紋の数によって格がきまり、例えば染め抜き1つ紋をいれた訪問着より、染め抜き3つ紋をいれた色無地の方が格が高くなります。 ・紋の数と格
5つ紋 > 3つ紋 > 1つ紋

・着物と紋の数
5つ紋・・・・・正礼装の着物
背紋1、袖紋2、抱紋2
3つ紋・・・・・準礼装の着物
背紋1、袖紋2
1つ紋・・・・・略礼装の着物
背紋1
フィード