着物特有の色・日本の伝統色:カテゴリー

スポンサード リンク

日本の伝統色・赤

伝統色の牡丹(ぼたん)
牡丹(ぼたん)
牡丹はの花を思わせるような、鮮やかな赤紫。


伝統色の躑躅色(つつじいろ)
躑躅色(つつじいろ)
赤い躑躅の花のような色で、強い調子の紫みがかった赤色。


伝統色の紅色(くれないいろ)
紅色(くれないいろ)
アザミに似たキク科の植物紅花で染めた色を「くれない」とよ読んでいましたが、近年では「紅(べに)」とよぶことが多いようです、紫がかった濃い紅色。


伝統色の緋色(ひいろ)緋色(ひいろ)
「緋」とは「火」という意味があり、茜(あかね)や紅で染めた黄色をおびた赤い色で「あけいろ」とよぶこともあります。他に赤味の強い、紅緋(べにひ)や茜に紫草を加えて黒紫みをもたせた濃い緋の色、深緋(ふかひ)などもあります。


伝統色の猩々緋(しょうじょうひ)猩々緋(しょうじょうひ)
中国で想像上の(猿に似た)獣、猩々から色の名があり、その獣の血はもっとも赤いといわれていることから、黄味を帯びた赤で、紅や緋よりも冴えた鮮やかな赤をいいます。


伝統色の朱色(しゅいろ)
朱色(しゅいろ)
朱は顔料の名で、寺院の建造物や漆器などにみられる黄味がかった赤色をいい、紅や緋より黄味がかった色、バーミリオン。


伝統色の辰砂色(しんしゃいろ)
辰砂色(しんしゃいろ)
天然赤色顔料「辰砂(しんさ)」からこの色の名があり、 「真朱」ともよばれます。シナバー。


伝統色の蘇芳色(すおういろ)
蘇芳色(すおういろ)
インドのマレー原産、マメ科の植物で木の部分を煎じて染料として用い灰汁媒染で染め出した色で、紫に次いで高貴な色とされていました、濃く渋い紫がかった赤。


伝統色の葡萄色(えびいろ)
葡萄色(えびいろ)
紫紺の根で染めた、山葡萄の実が熟れた皮のような鈍い赤紫色をいい、ぶどういろとも読みます。また茶系の葡萄茶(えびちゃ)などもあります。


伝統色の茜色(あかねいろ)
茜色(あかねいろ)
茜草の根からとれる染料で染めた色で、日本で早くから用いられた赤色といわれています。朱がかった赤色。


伝統色の臙脂色(えんじいろ)臙脂色(えんじいろ)
臙脂の名の由来は、臙脂山で栽培されていた紅花の色という説や「コチニール」という虫から採取した赤色という説の2つがあるようです、紫がかった赤色、クリムソン。


伝統色の桧皮色(ひわだいろ)
桧皮色(ひわだいろ)
桧の皮の色に似ていることからこの名があるようで、暗く赤みのある茶色。


伝統色の栗色(くりいろ)
栗色(くりいろ)
栗の実の皮の色からこの名があります、濃い赤みがかった茶色。


伝統色の小豆色(あずきいろ)
小豆色(あずきいろ)
赤小豆のような色で、紫みのくすんだ赤色。


伝統色の退紅(たいこう)
退紅(たいこう)
下染めの黄色が残っている褪せた紅色。


伝統色の薄紅(うすくれない)
薄紅(うすくれない)
紅染めの薄い色。


伝統色の撫子色(なでしこ)
撫子色(なでしこ)
植物の撫子に似たやわらかい色で、淡い紅染めによる色でやや紫がかった色。


伝統色の今様(いまよう)
今様(いまよう)
平安時代に用いられ、流行した紅花で染めた色で、紫みの赤。


伝統色の紅梅色(こうばい)
紅梅色(こうばい)
紅梅の花からこの色の名があります、ローズ。


伝統色の薄紅梅(うすこうばい)
薄紅梅(うすこうばい)
紅梅色を薄くした色。


伝統色の桜色(さくらいろ)
桜色(さくらいろ)
桜の花のような春らしい色。


伝統色の一斤染(いっこんぞめ)
一斤染(いっこんぞめ)
紅花一斤(=600g)で絹一疋(=和服地二反)を染めた色というところからこの色の名があり、薄い紫みの赤。桜色より少し濃い色。


伝統色の鴇色(ときいろ)鴇色(ときいろ)
天然記念物の鴇の羽毛の一部の色が、淡い紅色であることからその名があり、着物でピンクというと鴇色をさすことが多いようです。ごく薄い淡い紅色でピンク系の色の中では少し黄みを帯びた色。


伝統色の曙色(あけぼのいろ)
曙色(あけぼのいろ)
夜明けの頃を曙といいその時の空の色から色の名があるようで、浅い黄赤色をいいます、「東雲色(しののめいろ)」ともよばれます。


伝統色の珊瑚色(さんごいろ)
珊瑚色(さんごいろ)
珊瑚の色からきた色の名で、やや黄味がかったピンク色。


伝統色の灰桜(はいざくら)
灰桜(はいざくら)
やや鼠がかった明るい桜色をいいます。

日本の伝統色・茶

茶色は「四十八茶」とよばれ、その種類は70種ほどあるといわれています。


茶色(ちゃいろ)
茶の葉で染めた色。



弁柄色(べんがらいろ)
顔料の「弁柄」の色からその名があります。昔の建造物の柱や格子戸に用いられていた色でもあり、わずかに黄味がかった濃い茶色で、「紅柄色」ともいわれます。



土器色(かわらけいろ)
黄土などで染めた色で、赤味のある茶色。


丁字色(ちょうじいろ)
香染め一種で、フトモモ科丁子の煎汁で染め出される色をいい、媒染しない場合は淡い香色となりますが、鉄・灰汁媒染することでで丁字色となります。熱帯常緑樹である丁子は昔、珍重されていたので宝尽くし文様にも描かれています。くすんだ黄味がかった茶色。丁子色とも書きます。



黄橡(きつるばみ)
橡はどんぐりの古名で、黄橡色はそのどんぐりのカサの部分を煎じ、汁と灰汁とによって染めた、やや緑がかった黄褐色のことをいいます。



琥珀色(こはくいろ)
宝石としても珍重される、透明感のある「琥珀」からこの色名があうようです、透明感のある明るい茶色。



焦茶(こげちゃ)
物が焼け焦げたような黒味のある茶、セピア色。



葡萄茶(えびちゃ)
海老茶ともいわれます、暗い赤ぶどう色がかった茶色。明治時代に女学生の間で大流行し、袴地に用いられていました。



煤竹(すすたけ)
古くなった竹が、すすけた時のような色を意味しています。暗い灰黄。媒竹茶ともいわれます。



朽葉色(くちばいろ)
枝から落ちた木の葉が朽ちていくときの色を意味していて、朽葉色には、赤朽葉、黄朽葉、青朽葉があります。



枯色(かれいろ)
草の枯れたようすをあらわした色。「枯草」「枯色」「枯野色」などともよばれます。



香(こう)
香料となる丁子の煎汁で染めるところからついた色の名で、くすんだ黄色。多種の色があり、「木蘭」ともよばれます。



江戸茶(えどちゃ)
江戸好みの茶色をいい、「当世茶」ともよばれます。濃い赤褐色。



桑茶(くわちゃ)
桑の木の染め色の煎じ汁で染めた茶色で、褐色味のある黄色を言う。「桑色」ともいわれます。



白茶(しらちゃ)
茶系の色が、色あせ白っぽくなるのを「白茶ける」といい、茶系ので一番白っぽい色をいいます、ベージュ。



媚茶(こびちゃ)
揚梅(もも)の皮を用い鉄媒染で染め出された色をいいます。緑がかった、くすんだ茶色。「海松茶(みるちゃ)」ともよばれます。



鶯茶(すぐいすちゃ)
鶯色がかった茶色。



千歳茶(せんさいちゃ)
媚茶と同じ揚梅(もも)の皮を用いて染められた色で、緑がかった薄い茶色。


団十郎茶色(だんじゅうろうちゃ)
歌舞伎役者、市川団十郎の好みの色ということからこの名があり、渋い濃い茶色をいいます。歌舞伎の定式幕に用いられる三色(緑茶黒)のうち茶色はこの団十郎茶です。またこの色は、「柿色」「柿茶」「柿渋茶」ともよばれます。


璃寛茶(りかんちゃ)
江戸後期、大阪の歌舞伎役者、二代目嵐吉三郎の好みの色で、舞台などで好んでよく着物などに用いたようです、俳名の璃寛(りかん)が色の名になっています、渋いこげ茶色。



芝かん茶(しかんちゃ)
芝かんこと中村歌右衛門の好みの色で流行したことから色の名があり、黄味がかった鈍い赤。



路考茶(ろこうちゃ)
江戸期の人気女形、瀬川菊之丞の俳名の「路考」の好みの色であったことからそれが色の名になっています、黄茶で黒味がかった色、渋い金茶色。

日本の伝統色・橙


宍色(しんいろ)
宍とは、肉の意味で、肌色のことをさしています。



洗朱(あらいしゅ)
朱色を洗ったような色で、黄味がかった淡い朱色。



狐色(きつねいろ)
狐の背色に似た黄褐色。



樺色(かばいろ)
山桜の一種、樺桜の樹皮に見られる濃い赤茶色。「蒲色」とも書きます。



代赭色(たいしゃいろ)
中国の山東省の代州産の赤土の赭が、良質で有名だったことから地名の「代」と赤土の「赭」をとり、この色の名がついたといわれています。暗くくすんだ黄赤色。



柑子色:こうじいろ
柑子とは橘のことをいい、その実が柑子蜜柑でその実のような明るい黄橙色。柑子色はまた、「萱草色(かんぞういろ)」ともよばれます。



蘇比色(そひいろ)
茜と灰汁による明るい赤橙色で、本緋より薄いものをいいます。



赤朽葉(あかくちば)
朽葉とは秋になって落葉し朽ちていく葉の色をいいます、赤朽葉は紅葉しはじめたもみじのような色。また黄色がかった朽葉色を黄朽葉といいます。


橙色(だいだいいろ)
ミカン科の橙の実のような色で、赤味がかった黄色。また橙は、冬になって熟しても落ちず、夏に再び緑色をおびるので「代々栄える」といわれ、縁起がよいことからお正月のお飾りに用いられます。



柿色(かきいろ)
柿の実の熟した表皮の色のような色で、柿渋を染料とした茶色がかった橙色。



鉛丹(えんたん)
酸化鉛が主原料の顔料、鉛丹のような色で、灰色がかった赤褐色。



丹色(にいろ)
丹とは赤い色を意味します。朱色より茶色がかった色。

日本の伝統色・黄


山吹(やまぶき)
山吹の花の色のように、明るい赤みがかった黄色。「黄金色」ともいわれます。


鬱金(うこん)
鬱金は生姜科の多年生草本の地下茎で、鬱金色はこの植物染料を用いて染められた赤味がかった黄色で、また鬱金には、防虫力や皮膚病にかかりにくい作用があることから昔は肌着などに用いられ、現在でもたとう紙をはじめとしてウコン染めの着物や風呂敷等をタンスに入れるなど天然の虫除けとして用いられています。



梔子色(くちなしいろ)
夏に白い花を、秋に実をつける梔子の実で染めた濃い黄色をいい、梔子の実は口があかないことから、不言色(いわぬいろ)ともいわれます。



黄蘗(きはだ)
山地に自生するミカン科の落葉樹「黄蘗」の樹皮を染料として染めた色で、青味がかった黄色です。「きはだ」の他、「きわだ」「おうばく」とも読みます。


刈安(かりやす)
刈安はイネ科の多年草、刈安の茎や葉を乾燥させたもので染めた色をいい、黄八丈を染める植物染料でも有名です。鮮やかな黄色であることから、カナリヤ色ともよばれます。


菜の花色(なのはないろ)
明るい赤みがかった黄色で、山吹色ともいわれます。 春の花の代表である、菜の花の色からきた色名で、青味がかった黄色を言います。菜の花らしい明るくさわやかな黄色。



黄土色(おうどいろ)
黄土は鉄分を含んだ赤い土より精錬された顔料のことで、多くは日本画に用いられていました。黄土色はこの顔料のような黄褐色をいいます。



雄黄色(ゆうおういろ)
鶏冠石といわれる、漢方薬でもある雄黄のような色。くすんだ赤味がかった黄色。



雌黄色(しおういろ)
雄黄に近い色ですが、雄黄に比べ、赤味がやや弱い黄色をいいます。「藤黄(しおう)」ともいわれます。



玉子色(たまごいろ)
鶏卵の玉子の意味で、ゆで卵の黄身のような淡く白っぽい黄色。



鳥の子色(とりのこいろ)
鳥の子とは、日本画に用いる上質な和紙の色の意味で、淡いクリーム色を指します。鶏卵の殻の色のような色。



練色(ねりいろ)
生絹を漂白する前の練糸のごく薄い黄色のような色、オフホワイト。



桑染色(くわぞめ)
桑の根や皮を染め出した淡い黄褐色。



空五倍子色(うつぶしいろ)
栗や櫟(くぬぎ)などの煮汁で染められる、鼠色がかった黄褐色。

日本の伝統色・緑


黄緑(きみどり)
黄色がかった緑色。


鶸色(ひわいろ)
鶸という鳥の羽のような色からその名があります。鶸色には、赤味がかかったものを鶸茶色(ひわちゃいろ)、青味がかかったものを鶸萌黄色(ひわもえぎいろ)などがあります。黄色がかった明るい黄緑色。


若草色(わかくさいろ)
春の野山に見られる草木の若葉の色を意味しています。 鮮やかな黄みの緑色で、藍と刈安とで表現されます。伝統色名で「若」の文字は若草のほか、若緑、若竹、若藤、若葉など鮮やかな色目に用いられています。萌黄よりやや濃い黄緑色で、若菜色(わかないろ)ともよばれます。


萌葱(もえぎ)
木の葉や葱が萌えだした色ということから、萌木、また萌黄とも書くことがあります。黄緑色を意味しています。萌葱(緑がかっている)<若草色<萌黄 (黄色がかっている)。染料が十分になかった時代には、黄蘗(きわだ)と藍やイネ科の刈安と藍を混ぜて染めたといわれています。やわらかな黄緑色。



草色(くさいろ)
草の色のように濃い黄緑色。



苔色(こけいろ)
苔の色のような濃い黄緑色。モスグリーン。



海松(みる)
岩の岩石に着生する海草の一種、海松(みる)からその名があります。暗い灰黄緑色。オリーブ色。



鶯色(うぐいすいろ)
鶯の羽の色のような色。茶色がかった暗い黄緑色。



柳色(やなぎいろ)
柳の若葉のような色、はんなりした黄緑色。



抹茶色(まっちゃいろ)
茶道で用いる抹茶のような、やわらかな黄緑色。



山鳩色(やまばといろ)
野生の山鳩の羽のような色、灰色がかった緑色。



緑色(みどりいろ)
樹木の深い緑色。



常盤色(ときわいろ)
常磐松の緑を意味しています。また千歳緑(ちとせみどり)ともよばれ、吉祥的な意味を持ち、おめでたいことからこちらの表現を使うことがあります。濃い緑色。



木賊(とくさ)
木賊は、植物のシダの一種で、刀を研ぐ際に用いられたことから、砥草(とくさ)とも書きます。木賊の茎の色、暗い緑色。



青竹色(あおだけいろ)
成長した竹、青竹の肌のような色で、青みがかった緑色。



深緑色(ふかみどりいろ)
深く濃い緑色。



浅緑(あさみどり)
せんりょくと音読みすることもあります。浅く、薄い緑色。



緑青(ろくしょう)
奈良時代に中国から伝来した青緑色の顔料の名からこの色の名がついたようです。「銅青」「石緑」といわれることもあります。



白緑(びゃくろく)
緑青に白を加えたような淡い色。


青磁色(せいじいろ)
青緑系の釉薬をかけた磁器、青磁の表面の色に由来した色の名で、青磁の色は黄みをおびたものから青みをおびたものまでたくさん種類がありますが、一般的には青みがかった緑色をさします。

日本の伝統色・青


日本の伝統色での青色の多くは、古来より知られた植物染料の「藍」を用いて染められます。藍染めの特長は薄い色ほど「緑」がかり、濃い色ほど「紫」がかっていきます。藍染めでの青色は一般的に、薄い色から「浅葱」「縹」「藍」「紺」とよばれます。また淡い藍色についても一般的に、やや緑がかったものを水色、紫がかったものを空色と区別するようです。


青緑(あおみどり)
緑がかった青色。



新橋色(しんばしいろ)
明治末期から大正にかけ、東京新橋の芸者の間で好まれ流行したことからこの名がついたようです。鮮やかな緑がかった青色。


浅葱色(あさぎいろ)
青味がかって見える葱の色からその名があるようで、浅黄色とも書きます。また藍染めの浅い段階の色で葱の色に似ているからともいわれています。やや黄味がかった明るい青緑。浅葱色には、濃浅葱色、中浅葱色、淡浅葱色(=水浅黄色)などたくさんの種類があります。



水浅葱(みずあさぎ)
水浅葱は薄い浅葱という意味で、瓶覗より一段階濃い青色で「浅葱色」より薄く、水色がかった青色。



水色(みずいろ)
水の色を意味し、「水浅葱」をやや淡く藍がからせた青色。



瓶覗色(かめのぞき)
藍甕(あいがめ)に少し浸けた、覗いた程度に少し染めたという意味からこの名があるようです。緑がかった淡い藍色。



青色(あおいろ)
青色


縹色(はなだいろ)
藍染で納戸より濃く、紺より薄い色が縹色とされ、花田・花色とも書かれます。藍と黄蘗(きはだ)を用いる染めを「藍」、藍だけの染めを「縹」と区別するようです。赤味がかった深い青色。


露草(つゆくさ)
夏に咲く青い花「露草」の汁を染料とした青色。この露草の汁は、水につけると消える特長があるので友禅染の下書きにも用いられます。縹色も花色とよばれますが、露草色もまた花色とよばれます。



藍色(あい)
藍を用いた藍染めの代表的な色。藍、単一での染ではなく、藍の青と黄蘗(きはだ)の黄を用いる染めを「藍」といいます。緑がかった青色。



搗色(かちいろ)
藍で染めた紺をさらに藍を掛けて染めた、赤みがかった黒に近い濃い藍色。「かちんいろ」ともよばれます。


納戸色(なんどいろ)
納戸色とユニークな色名ですが、納戸に掛けられた幕の色や納戸に出入りした役人の服の色というところから名がついた説があります。鼠色がかった藍色、暗い青色。


紺色(こんいろ)
藍染めでもっとも濃い、藍色。丹念に染められた紺を上紺(じょうこん)や正紺(しょうこん)といい、天然の蓼藍だけを用いて染めるものを正藍染といいます。また藍染めを専門に取扱う業者を紺屋(こうや)といいます。



紺青(こんじょう)
群青と同じ成分の顔料で染め出される色で、紫がかった青色。 群青より一段と濃い青色。



鉄紺(てつこん)
鉄色と紺色の中間色で、緑がかった濃い藍色



茄子紺(なすこん)
夏野菜の「茄子」の表皮のような色、赤味がかった紫に近い、濃い紺色。



紫紺(しこん)
藍染めを濃く染めたときに(染料の性質から)表面が赤色をおびる染料の性質があり、そのいろを紫紺といいます。赤紫がかった藍色。



薄縹色(うすはなだいろ)
淡い縹色。



空色(そらいろ)
晴れた青空の色、明るい青色。天色、真空色ともよばれます。スカイブルーという色がありますが、空色は少し鈍い印象の色です。



瑠璃色(るりいろ)
瑠璃は古来、七宝の1つとされた濃い青色をした宝石で、その色ににていることからこの名がついたようです。濃い青色。



群青(ぐんじょう)
飛鳥時代に中国から渡来した顔料による青色で、赤みの少ない紺色で薄い色を白群(びゃくぐん)、濃い青を群青、さらに(紫がかった)濃い青を紺青(こんじょう)とよびます。

日本の伝統色・紫

紫は古来、徳をあらわし高貴な色とされていました。その紫は、ムラサキ科の多年生草本、紫草の肥根を染料としたものを紫根染(しこんぞめ)、本紫(ほんむらさき)といい、蘇芳(すおう)などで染めたものを似紫(にせむらさき)といって区別します。


青紫(あおむらさき)
青がかった紫色。



菫色(すみれいろ)
色の名は花の「菫」に由来しています、青みの冴えた紫色。



桔梗(ききょう)
「桔梗」の名は花のそれに由来しています。青みをおびた濃い紫色。



紫苑(しおん)
秋になると美しい薄紫色の花を咲かせる「紫苑」のような色が名の由来で、紫草からとれる染料で何度も繰り返し染められる紫色で、「しおに」ともよばれます。



棟色(おうちいろ)
楝とは栴檀(せんだん)の花の古名で、また栴檀の別名は白檀(びゃくだん)です。その花の色のような青味がかった薄紫色。



藤色(ふじ)
「藤」の花から名の由来がきています、「若紫」ともよばれます。浅い青みがかった紫色。



紫色(むらさきいろ)
紫根(ムラサキの根)で染めた色。



古代紫(こだいむらさき)
今日の紫とくらべると、鈍い調子の紫色といえます、京紫と似ています。くすんで渋みのある紫。



京紫(きょうむらさき)
青みをおびた江戸紫に対して、赤みをおびた紫色。



江戸紫(えどむらさき)
武蔵野産の紫草の根で染めたことから、「江戸紫」とよばれるようです。赤みをおびた京紫に対しての青みをおびた紫色。



二藍(ふたあい)
藍と紅花を重ねて染めた色を「二藍」といい、鈍く深い青みの紫色。


濃色(こいろ)
濃く深みのある紫色。紫根、灰汁、酢を用いて染められた濃い紫色をいい、衣服令の定めでは、臣下最高位の色で禁色とされていました。「こきいろ」ともよばれます。⇔薄色



薄色(うすいろ)
一般に薄色とは淡い色をあらわしますが、伝統色では紫の薄い色として用いられています⇔濃色。



減紫(めっし)
「滅」は、けしとも読むので、この色を「けしむらさき」ともよびます。灰色がかった、暗い紫色。


日本の伝統色・白・灰・黒

白・灰色・黒系の日本の伝統色をまとめてみました。
白・灰・黒は、無彩色に分類され、着物の分野では冠婚葬祭の「婚と葬」で用いられます。
また灰色(=鼠色)については、「百種類の鼠色」ともいわれるくらい多くの種類があります。この灰色は、日本の伝統色らしく「鼠」と書き「ねず」と読むことが多いようです。


白練(しろねり)
生絹の黄味を消し去る方法を白練りといい、その絹の色。



灰白色(はいはくしょく)
やや灰色がかった白色。



薄墨色(うすずみいろ)
墨を薄く摺ったような灰色。


銀鼠(ぎんねず)
銀鼠色は、錫の色に近いことから「錫色」とも呼ばれ、また江戸中期には、「紺屋伊三郎染見本」にも掲載された色でもあります。白に近い薄い色で、わずかに青みがかった淡い鼠色。



灰汁色(あくいろ)
染色の工程で用いる、灰汁の黄味を含んだ灰色。



深川鼠色(ふかがわねずみ)
淡い藍色に鼠色がかった色で、湊鼠(みなとねずみ)ともよばれます。



素鼠(すねず・すねずみ)
灰色のこと、黒の淡色で鼠色の標準色といわれています。



丼鼠(どぶねずみ)
溝鼠(どぶねずみ)の毛のような、暗い鼠色。



鈍色(にびいろ)
冴えない、鈍い鼠色。「にぶいろ」と読むこともあります。



青鈍(あおにび)
青味がかった、鈍い鼠色。



鉛色(なまりいろ)
金属の鉛の表面が酸化したような色で、やや青みがかった濃い鼠色。



梅鼠(うめねず)
昔は花の赤色を「梅」にたとえたようです、梅鼠は赤みのある明るい鼠色。



茶鼠(ちゃねず)
江戸時代に茶・鼠系の地味な色が大流行し「四十八茶、百鼠」という言葉が生まれ、茶鼠は人気だったようです。茶色がかった鼠色。



利休鼠(りきゅうねず)
利休色(抹茶のような緑)がかった明るい鼠色。粋な江戸人には大変人気があったようです。



藍鼠(あいねず)
青(藍色)がかった暗い鼠色。「灰青色」「青鼠」とよばれることもあります。



錆鼠(さびねず)
錆びた鉄色 、青味がかった暗い鼠色。



葡萄鼠(えびねず)
野葡萄の果実の熟れた色を葡萄色(えびいろ)といいます。葡萄色をおびた鼠色で、「ぶどうねず」ともよばれます。



鳩羽鼠(はとばねず)
鳩の羽のような藤色をおびた灰色。紫がかった暗い鼠色。



濃鼠(こねず)
暗い灰青紫色、暗い鼠色。「こいねず」「こいねずみ」と読むこともあります。



墨色(すみいろ)
書画に用いる墨のような黒色。墨色には、茶みをおびた和墨、青みをおびた唐墨があります。



橡色(つるばみいろ)
どんぐりの古名を橡(つるばみ)といって、橡色はそのカサで染めた色をいいます。黒がかった鼠色。



漆黒(しっこく)
黒漆を塗ったように黒くつやのある黒色。



スポンサード リンク

フィード