着物と和装小物:カテゴリー

スポンサード リンク

草履・バッグ

草履やバックは洋服と同じで着物の装いや格に合わせ選びます。履物は草履と下駄、雨草履、雨下駄などの種類があり、夏素材のものと冬物、エナメルや革染め、佐賀錦など種類も豊富です。礼装には金糸や銀糸を用いたものやビーズなどの華やかなものを選び、礼装用の草履は普段着には用いません。一般的に草履は高さで格を判断することが多いようで礼装には高めのもの、普段着や喪の装いには低めの草履を履きます。バッグは礼装の場合は佐賀錦や綴などのほか、あらかじめセットで販売されているものもあります。普段着には名物裂を用いたバックをはじめとして、巾着型、かご、手提げ型、風呂敷など着物との調和を考え選びます。

足袋

足袋は洋服でいう靴下と同じ目的で用いられます。足元はよく目立ち、和服姿でも重要なポイントとなりますので、汚れのない美しいもので自分の足のサイズに合ったきつめの足袋を履くようにします。生地は木綿のほか、羽二重、キャラコ、別珍、コール天、ナイロン、テトロン、夏用の単衣仕立てのものもあります。一般的には木綿かネルの袷仕立ての白を用います。また足袋のかかと部分にコハゼという金具がついていて、2枚、3枚、4枚、5枚と種類がありますが4枚コハゼのものが履きやすく一般的です。礼装には5枚コハゼ、普段着には4枚、3枚コハゼなど履き分ける方もおられます。またファッション性のあるカラフルな色や柄物の足袋もありますがそれらは普段着に、また好みや職業などで履き分けます。埼玉県行田市が足袋の産地で有名です。

帯留め

帯留めは、帯締めと同じように装飾的な意味と結んだ帯を押さえる目的を持っています。中央部に締めるので目線もいきアクセントになる装飾小物です。帯留めには彫金、鋳金、陶器、木彫りのものから珊瑚や真珠、宝石などで装飾されたものがあり、それを細い平打ち(平組で幅の細い組紐)の真田紐という帯締めに通し、お太鼓を結んだ帯の中で結び始末します。(※真田紐は、帯留の紐だけでなくさまざまな用途に用いられています。)帯留は目的に応じた場にふさわしいものを用います。しかしアクセサリーとしての位置づけなので礼装や喪、お茶席などでは用いません。


帯枕


帯枕は帯揚げで包んで帯が下がったりくずれたりするのを防ぎ、帯の形を整える目的を持っています。スポンジやへちまや綿などを芯にして布地で巻いて作られています。大きさは大中小、形状も横長のものから厚みのあるものまでさまざまで、年齢や用途に応じ使い分けます。厚みがあり大き目のものは、若い方や振袖、礼装の袋帯に、薄くて小振りのものは喪の装いや年配の方などに向いています。

帯板

帯板は前板ともよばれお腹があたる部分、帯の前を整え帯にシワが入らないようにする目的を持っています。長さや幅はさまざまで、ボール紙に布を張ったものやセルロイド製などがあり、帯幅より幅が狭いものを選びます。



腰紐


腰紐は着物や長襦袢の丈を決め、それを保つために腰の部分を締める目的で用いられ、着物の下準備には欠かせない和装小物です。生地はすべりにくく、色が落ちないものが適当です。モスが多く用いられていますが、正絹、クレープ、メリンス、ナイロン、晒木綿、最近ではゴム製のものもあります。


伊達締め


伊達締めは長襦袢と着物の胸元を整え、胸元のくずれを防ぐ目的で用いられます。細い帯状で先は結べるよう柔らかくなっています。薄手でしっかりしたもので、色落ちしないものが適しています。最近ではゴム状で扱いが簡単なものがありますが、伊達締めは絹の博多織りが定番となっています。



伊達衿


伊達衿は着物に襲(かさね)をしているかのように見せる装飾的な目的で用いられます。礼装には白地、正装には華やかさを感じる色や柄であったりまた豪華な刺繍をしたものなど種類はさまざまです。着物の衿に止めて用います。



半衿


半衿は長襦袢や半襦袢の衿につけて用います。装飾的な意味もありますが、着物の衿元が汚れないためにつけ、長襦袢や半襦袢は頻繁にお洗濯できないので半衿を定期的に付け替えます。塩瀬羽二重が多く用いられていますが、その他縮緬や綸子、夏物としては絽や麻があります。白地が多いようですが、色物や柄物、刺繍の入ったものなど種類が豊富です。



帯締め

帯締めは装飾的な意味合いだけでなく、結んだ帯を押さえる目的を持っています。中央部に締めるので目線もいきアクセントになる和装小物です。帯締めも帯揚げ同様に着物や帯の中の一色を選ぶと無難におさまります。帯締めには丸ぐけといって、綸子や羽二重などの生地に綿を芯にして棒状にしたものと糸を編んだような組紐があります。また組紐には丸い形状の丸組みと平たい形状の平組みがあります。一般的には平組の方が礼装向けのものが多く高価なものが多いようで、また手組と機械組に分けることができます。礼装には金糸や銀糸の入ったものを選びますが、最近では丸ぐけはあまり用いられないようです。化繊の組紐も多く出回っているようですが、絹製品で手組にものは締める時に伸びて締めた後しっかりと締まりますので着物通の方に好まれます。帯締めにも夏物と冬物があり、夏物にはレースなど涼しげなものを用います。


帯揚げ



帯上げは帯枕を包み胸元で締めます。現在では装飾的なイメージが強いですが、帯の重さを加減したり、帯の形を整える目的があります。帯揚げは生地がやわらかくてかさばらず、よく締まるものが適していて、色は着物や帯の柄の一色を選ぶと無難におさまります。




帯揚げの始末はお太鼓、二重太鼓には前で結んだり、からげたり(右図)しますが、振袖などは入の字(下図)や藤結びなどで華やかに飾り、絞りの帯締めは結ばないことが多いようです。生地には縮緬、綸子、羽二重などがあり、ぼかしや絞り、小紋染めなどの種類があります。




振袖には絞りの帯揚げ、留袖には白地、喪服には黒地など用途に応じたものを選びます。帯揚げも着物同様に季節があり、帯に合わせて冬物、夏物でコーディネイトします。夏物は絽や紗の帯揚げを用います。




スポンサード リンク

フィード