着物の模様づけ:カテゴリー

スポンサード リンク

着尺模様(きじゃくもよう)

着物の模様づけには、絵羽模様、つけ下げ模様、着尺模様があります。

・着尺模様
着尺模様の着物には小紋などがあり、他の模様づけにくらべ多く見られる模様づけとなっています。着尺の意味は大人用の着物を1枚仕立てるために必要とする長さ(11.4メートル)の和服地のことをいいます。着尺模様とは、この着尺地全体に模様が端から端まで模様が連続して配置されています。着尺模様にはさまざまなものがあり、小花柄、扇面、縞などがあります。着尺模様は他の模様づけ、絵羽模様、つけ下げ模様にくらべ格式ばらずに着用できるので気楽に着物を楽しむことができ、着物初心者の方にも扱いやすい着物といえます。


付け下げ模様(つけさげもよう)

着物の模様づけには、絵羽模様、付け下げ模様、着尺模様があります。

・付け下げ模様
付け下げ模様の着物には、付け下げ訪問着や付け下げ小紋などがあります。付け下げは、反物の状態で、着物の各部、身頃、袖、衽、袖、衿などの位置をあらかじめ決めておき、その位置に墨付けしておきます。袖山、肩山を基準に模様が上向きになるよう模様づけした着物をいい、付け下げ模様の着物は絵羽模様の着物、訪問着と小紋の中間にあたる位置づけになります。また付け下げには、絵羽付け下げと着尺付け下げがあります。

・絵羽付け下げ
絵羽つけ下げは、訪問着のように縫い目でできるだけ模様がつながるよう模様づけされ、一見絵羽に見える、絵羽風なので絵羽付け下げといわれます。最近は、訪問着と見分けのつかない技術の高いの付け下げ訪問着などもありますが、付け下げは訪問着と違い、(表地と)共の裾回しではないので仕立てる際には、別に八掛を用意(購入)します。訪問着では大げさと思う席などにも、気軽に着ていくことができとても便利な着物です。

・付け下げ小紋
付け下げ小紋は着尺付け下げともいわれます。一見「小紋」のようにも見えますが、付け下げ小紋の柄は普通の小紋にくらべ柄が大きく、はっきりしたものが多いようです。わざわざ手間をかけ、墨付けをして柄を配置するくらいですから、作り手側のことを考えれば理解できますね。例えばあられや小花柄などの場合、上下は関係ない柄なので、どこが袖や身頃になっても問題ありません。しかし大きな柄や模様が上下逆さまになったり、また袖の途中で柄が切れてしまうと不細工な着物になってしまいますので、あらかじめ墨付けをして柄の位置を決めているのです。

絵羽付け下げ(えばつけさげ)
訪問着のように柄がつながったような模様づけ
着尺付け下げ(きじゃくつけさげ)
着尺模様ではあるが、肩山に向かって上を向いている模様づけ

絵羽模様(えばもよう)

着物の模様づけには、絵羽模様、付け下げ模様、着尺模様があります。

・絵羽模様
絵羽模様とは、格の高い、着物の模様つけのひとつです。絵羽模様の着物には、留袖、振袖、色留袖、訪問着など、またその他に絵羽羽織(えばばおり)、絵羽浴衣(えばゆかた)などがあります。通常の着物の模様付けは反物の状態で行いますが、絵羽模様の場合、模様づけする前に模様が縫い目で切れないように白生地を裁断、着物の形に仮仕立て(仮縫い)をします。この仮縫いのことを仮絵羽、絵羽縫い、羽縫いなどといいます。染色や刺繍などの加工をする時は、この仮仕立てを解きそれらの加工をし、再び仮絵羽の状態にして販売されます。絵羽模様は格の高い着物(礼装および盛装)に多く用いられます。また絵羽模様には、模様の配置によって総模様(左図)、裾模様、肩裾模様などがあります。

・総模様
総模様は、一枚の絵画のように着物全体に模様があるものをいいます。振袖や花嫁衣裳の打掛などがこれにあたります。模様が全体にあるのでとても豪華で華やかな着物です。

・肩裾模様
肩裾模様は肩と裾に模様があるものをいいますが、中には後ろ姿では背中から袖、上前から後ろ身頃、下前にかけて、前は衿から胸、胸から袖と豪華なものもあり、肩裾模様の着物には訪問着があります。

・裾模様
裾模様とは、着物の裾の部分に模様があるものをいい、裾模様の着物には留袖、色留袖があります。留袖は既婚者の着物であることから、年齢によって七寸模様、五寸模様、三寸模様など裾からの模様の高さによって選び、年配者ほど柄の位置が低いものを用います。近年一般的に、「裾模様」や「江戸褄」というと「留袖」をさすことが多いようです。

総模様(そうもよう)
着物全体に模様
花嫁衣裳の打掛、振袖
肩裾模様(かたすそもよう)
肩と裾に模様
中には肩から裾を起点に柄が広がった豪華なものもあります。
訪問着
裾模様(すそもよう)
着物の裾の部分に模様
留袖、色留袖

江戸褄模様(えどづまもよう)

留袖などに用いられる、裾模様のよび方のひとつに江戸褄模様があります。その江戸褄模様はさらに、江戸褄模様、江戸褄両褄模様、大江戸褄模様、江戸褄腰高模様、片褄模様、褄模様に分けられます。褄(つま)とは着物の衽(おくみ)をさします。

・江戸褄模様(えどづまもよう)
江戸褄模様は、着物の上前の前身頃と褄に模様があります。
江戸褄両褄模様(えどづまりょうつまもよう)
江戸褄模様は、着物の上前、下前の前身頃と褄に模様があります。
大江戸褄模様(おおえどづまもよう)
大江戸褄模様は、江戸褄模様に後ろ身頃まで模様を加えたもので、上前から後ろ身頃そして下前へと模様が続いています。江戸褄が発展し、派手になったもので、江戸褄後掛(あとがかり)模様、新江戸褄模様ともいわれます。
江戸褄腰高模様(えどづまこしだかもよう)
江戸褄腰高模様は、褄から後ろ身頃にかけての模様が、腰の位置あたりまでの高さがあるものをいい、江戸褄腰掛模様ともいわれます。
片褄模様(かたづまもよう)
片褄模様は、着物の下前の裾に模様があるものをいい、上前でなく、下前ですから一見模様があるのかわかりません。そんなことから趣味的な着物や着物通の方に好まれたようです。
褄模様(つまもよう)
褄模様は江戸褄の原型ともいえる模様付けで、上前の褄のみに模様づけされたものをいいます。

スポンサード リンク

フィード