着物と格:カテゴリー

スポンサード リンク

略礼装 付け下げ


礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


略礼装の着物には付け下げ、色無地、江戸小紋などがあり、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。


略礼装の着物には1つ紋が用いられ、格式ばらない、略式ということで染め抜き日向紋だけでなく、陰紋や縫い紋なども多く使われます。紋を入れない訪問着、付下げ、色無地なども略礼装となります。


●付下げ・付け下げ訪問着
付下げとは片山に向かって、上向きになるよう模様つけされた着物をいいます。
最近の付下げ訪問着の中には、仕立てあがると訪問着と区別のつかないものもあり、値段は訪問着より安価で柄ゆきは訪問着に近いということで人気があります。着物によっては1つ紋をいれる方もありますが、入れない場合も略礼装として扱われます。


略礼装 江戸小紋

礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


略礼装の着物には付下げ、色無地、江戸小紋などがあります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。略礼装の着物には1つ紋が用いられ、格式ばらない、略式ということで染め抜き日向紋だけでなく、陰紋や縫い紋なども多く使われます。


▼江戸小紋
江戸小紋は一般的には、小さな柄の小紋を呼んでいることが多いようですが、伝統工芸品でもある本来の「江戸小紋」は色、柄ともに品格があり、とても高価なものです。この着物に1つ紋を入れると略礼装の着物となりパーティーやお茶会などにも着用できとても便利です。江戸小紋も地色が寒色系であれば、色無地同様に半喪服として使えます。


略礼装 色無地


礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


略礼装の着物には付下げ、色無地、江戸小紋などがあります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。略礼装の着物には1つ紋が用いられ、格式ばらない、略式ということで染め抜き日向紋だけでなく、陰紋や縫い紋なども多く使われます。


●色無地
略礼装の色無地には1つ紋をいれます。1つ紋を入れておくことによってちょっとしたご挨拶などにも着ていくことができとても重宝します。また寒色系の水色や草色、紫、ねずみ色、藍色などの地色なら半喪服の着物としても使え、1枚で吉凶両方に着用できとても便利です。


準礼装 色無地


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


●色無地
色無地は紋の数、合わせる帯などによって格が異なる着物です。準礼装として用いる場合には、細かな地紋で格のあるものに3つ紋をいれます。


準礼装 訪問着


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


▼訪問着
訪問着は、留袖や振袖の次に格の高い準礼装の着物として、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく、結婚式、表彰式、パーティ、お茶会、お見合いなど幅広く着用でき、便利な着物の一つです。訪問着は、絵羽といって縫い目で模様が切れないような模様付けがされていて、そのため反物のように巻物でなく、仮絵羽(かりえば)の状態で呉服屋さんや百貨店などに並んでいます。 準礼装の訪問着として、3つ紋か1つ紋をいれますが、1つ紋の方が扱いやすく着用の範囲が広がります。


準礼装 色留袖


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。

準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。

▼色留袖

下襲や比翼仕立てをつけず、3つ紋もしくは1つ紋を付けた色留袖は準礼装の着物として着用できます。

既婚者(ミセス)の礼装としてはもっとも品格のある装いとなります。

色留袖は、裾模様であることやまた色目も落ち着いたものが多いので控えめな印象がします。訪問着では少々大げさに感じる場面に役立つ着物です。結婚式、披露宴、パーティー、お茶会などに着用できます。


準礼装 振袖

冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。

準礼装の着物には振袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地があります。既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着用できます。結婚式、披露宴に招待された側である場合、正礼装では少し大げさに感じる時、お茶会、パーティーなどに着用できます。準礼装の着物には、染め抜き日向3つ紋もしくは1つ紋が用いられます。


▼振袖


準礼装の振袖は、正礼装の本振袖のように下襲や比翼をつけた仕立てをしません。

振袖に限っては染め抜き紋だけでなく、振袖の雰囲気に合ったもの縫い紋や加賀紋なども用いられ、1つ紋を入れます。

最近では、振袖の紋の有無は重要視されないようで省略することが多いようです。

振袖には袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖がありますが、小振袖は最近ほとんど見かけなくなりました。


正礼装 喪服


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。

正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼喪服


不祝儀の着物である喪服は、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別はありません。

喪服は黒無地で関東では羽二重、関西では縮緬が好まれ、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。

本来は白の下襲をつけたともいいますが、「不幸が重なる」などいわれることから、最近ではほとんどつけないことが多いようです。

小物については、長襦袢と半襟以外はすべて黒とします。しかし地方によっては黒でなく白が不祝儀の装い(=喪服が白)というところもあるようです。


正礼装 色留袖

冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」、正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼色留袖


色留袖とは、地色が黒以外の留袖のことで裾模様の着物をいいます。染め抜き日向5つ紋で下襲もしくは比翼仕立てをしたものは黒留袖と同格となり、正礼装の着物として扱われます。

5つ紋の色留袖は正礼装の装いですので、格の高い柄ゆきを選ぶことも重要です。

宮中では黒が禁色であることから、色留袖を用います。

また気の張ったパーティー、国際的な行事、結婚式で近親者でない方が出席する場合などに色留袖を着用し、小物は白で統一します。


正礼装 本振袖


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼本振袖


本振袖は未婚者(ミス)の慶事正礼装で、袖の長さももくるぶしまである格調高い、絵羽模様の着物をいいます。

本来は黒地のものを黒振袖、黒以外のものを色振袖という分類をし、また黒留袖同様に染付け日向5つ紋で下襲をつけたものが正式とされます。

本振袖は結婚式や披露宴での花嫁の衣装として、正式な儀式で着用されていましたが、最近では仕立て面でも下襲でなく、比翼仕立てが多く、また現在ではそれらの目的で本振袖を誂える方も少ないようです。


正礼装 黒留袖


冠婚葬祭や儀式および出席する時に着用する礼装の着物には、おめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の正礼装、準礼装、略礼装があります。


正礼装の着物には黒留袖、本振袖、色留袖、喪服があります。正礼装は礼装の中でもっとも格が高いので、染め抜き日向5つ紋をいれ着用します。


▼黒留袖


黒留袖は既婚者(ミセス)の慶事正礼装です。

江戸褄(えどずま)や裾模様ともいわれ、模様が裾の部分に、上前の襟下(=褄)から後ろ身頃にかけてあるところからよばれます。

染め抜き、日向、5つ紋をつけ、下襲(したがさね)をすることがきまりごとになっています。

下襲とは、着物(この場合、黒留袖)と同じ形の着物を下に毛一枚着用することをいいますが、最近では省略され、比翼仕立てといって、衿、袖口、振り、裾に別布をつけ2枚重ねてきているように見せる仕立てをします。


着物の格


着物の格は、大きく分けると礼装と礼装以外に分類でき礼装は、冠婚葬祭をはじめとして格式のある席、パーティーへ着ていくことができます。


種類としては正礼装・準礼装・略礼装・喪服があり、礼装以外に着用する着物として外出着、街着、家庭着があります。


着物は洋服と違い、高価だからといってパーティーに着ていけるというものではありません。着物の格とは着物の約束ごとでもあり、また同席する相手への配慮でもあるといえます。

礼装の着物
(冠婚葬祭)
正礼装黒留袖、振袖、喪服など
準礼装色留袖、訪問着、色無地など
略礼装色留袖、訪問着、付下げ、江戸小紋、色無地など
礼装以外の着物外出着小紋など
街着紬など
家庭着ウールの着物、浴衣など

スポンサード リンク

フィード