染めのきもの:カテゴリー

スポンサード リンク

縮(ちぢみ)


縮は涼しげな盛夏用の着尺地で、絹、麻、木綿などの糸に強い撚(よ)りをかけて織物にし、その後の加工により布の表面にシワのような「しぼ」を表した織物のことをいいます。


このシワのようなしぼを「しじら」とよばれることもあります。


縮みの産地には、新潟県の越後縮(えちごちぢみ)、小千谷縮(おじやちぢみ:画像)、石川県の能登縮(のとちぢみ)などが有名です。


絽(ろ)


絽は平織りとからみ織りを組み合わせ、経糸と緯糸をからめて絹目をつくります。


緯糸の本数から三越(みこし)絽(=三本絽)、五越(いつこし)絽(=五本絽)があります。また、絽の目によって経絽(たてろ)と緯絽(よころ)という分けかたをします。


絽には平絽、駒絽、紋絽、絽ちりめん、絽綴れなどがあり、絹糸、レーヨン糸、綿糸で織られます。


軽量ですきまのある織物で、夏物に用いられ、夏生地としてもっとも人気があることから留袖から、喪服、小紋、長襦袢まで幅広く用いられています。


羽二重(はぶたえ)


羽二重(はぶたえ)は、平絹(へいけん)ともいわれ撚りをかけない糸で織られていることから平らでなめらかな絹織物です。


羽二重の種類には、片羽二重、諸(もろ)羽二重、綾羽二重、塩瀬羽二重、紋羽二重、広幅ものの輸出羽二重などがあります。


一般によく知られる羽二重は、着物や長襦袢の胴裏などに多く用いられていています。


この着物の裏地として用いられる「胴裏」は、疋物といって着物3枚分の長さ(およそ27m)があるものから、留袖用、振袖用などさまざまな種類(長さ)で販売されています。
用途に応じたものを買い求めるようにしてください。


羽二重は乾燥した地方では製織しにくいことから、北陸地方を中心に生産されています。


綸子(りんず)


綸子は朱子織の絹織物で地紋が浮き出ていているのが特徴で、独特の光沢があります。


紗綾形(さやがた)の地紋などが多く見られます。


なめらかな肌触りが好まれ、振袖、つけ下げの着物から長襦袢にまで幅広く用いられています。


綸子には平綸子、駒綸子などの種類があります。


縮緬(ちりめん)


縮緬は染めの着物地のひとつで、泉州堺が発祥の地といわれています。


しぼを出した平織りの絹織物で生地の厚さやしぼの大きさなどによってそれぞれ名称があり、一越(ひとこし)ちりめん、二越(ふたこし)ちりめん、縫い取りちりめん、紋意匠(もんいしょう)ちりめん、錦紗(きんしゃ)ちりめん、鬼しぼちりめん、鶉(うずら)ちりめん、絽(ろ)ちりめんなどの種類があります。


また、西陣縮緬、丹後縮緬、岐阜縮緬、浜縮緬(=長浜縮緬)、桐生縮緬、足利縮緬など産地名からとった呼び名でもよばれます。


縮緬は身近な「風呂敷(ふろしき)」などに見られることから馴染みもあり、現在染めの生地として最も多く用いられています。


京都府丹後、滋賀県長浜、新潟県五泉、福井県などが有名な産地です。


スポンサード リンク

フィード