織りのきもの:カテゴリー

スポンサード リンク

芭蕉布


芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。


皮をとった芭蕉の茎を煮だし繊維質にして、沖縄の植物染料テーチキで染めた糸で織られます。芭蕉布は、国の重要無形文化財に指定されています。


芭蕉布の原料である芭蕉の木が少なくなってきていることから、大変高価な織物となっています。


近年では芭蕉布の風合いが感じられる絹糸で織られた絹芭蕉が一般的となっています。



上布


上布(じょうふ)は上等の布という意味から、その名があるといわれています。


現在でも、とても高価で上質の細くて長い苧麻の糸で織られた麻織物で知られています。


麻は水分を吸収しやすく、また発散もしてくれ、肌につかず冷たい感触なので盛夏の着物地として最適です。シワが難点ですが、キリを吹きたたんでおけばシワも伸びます。


上布には、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などがあります。



紗の多くは先染めの織物ですが、白生地の紗は友禅染の生地として用いられています。


紗は、経(たて)緯(よこ)がシンプルに交差したもじり織りです。


さらっとしていて、網の目のように透けていて、通気性がとても良く盛夏のきもの地として用いられています。


地模様を織った紋紗(もんしゃ)、二重織りの風通紗(ふうつうしゃ)、節があり紬風の粋紗(きっしゃ)などがあります。


お召


お召はお召縮緬の略称で、11代将軍徳川家斉が好んで着用したといわれていて、布全体にしぼがある先染めの縮緬です。


お召は縮緬と違って織る前段階で精錬するので、しぼや風合いが縮緬とは異なります。


ハリがあり、しわになりにくい生地であったため、戦前までは多く用いられていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。


西陣、米沢、十日町、桐生、八王子などが主な産地です。


黄八丈


東京都伊豆八丈島で高機で織られる先染めの絹織物です。


八丈島産の植物染料の刈安で染められた黄色に縞や格子模様が印象的な織物ですが、椎(しい)の樹皮で染めた黒地の黒八丈、マダミの樹皮で染めた樺色の鳶(とび)八丈も黄八丈に含まれます。


黄八丈は時代劇などでお馴染みの着物(織物)ですが、最近では高価なこともあって、着物通の方に人気があります。


紬・塩沢紬


塩沢紬は新潟県塩沢付近で生産されている紬絣の織物で、大島紬や結城紬などと同じく高級織物で、伝統工芸品として有名です。


手括り、手摺込み、板締めによって絣糸を作り高機や居坐機で平織りします。


渋い色調のもの、紺地に白絣、黒地に白絣、それらの反対色やグリーン系、エンジ系、紫系などが多く、多色使いのものは少なく、蚊絣といわれる絣の柄が特徴です。


紬・村山大島紬


村山大島紬は、奄美大島で生産される大島紬に似た絹織物で、東京都武蔵村山市を中心に生産されています。


村山大島紬も大島紬と同様、現在では経糸、緯糸共にに生糸で、紬糸を用いていないことから、紬ではなく絣というのが正しいとされます。


もともと盛んであった木綿絣、村山紺絣の技術を利用し村山大島紬が生まれました。


大島紬と違って絣糸の防染を板締めで行い、多種な柄ゆきが特徴で、現在ではアンサンブルの生産割合が多いようです。


紬・結城紬


茨城県結城市で生産される結城紬は、居坐機(いざりばた)で織られた紬でその技術、お値段ともに最高級品で重要無形文化財にも指定されている織物です。


生地がしっかりしていることから、親子三代で着れるとも言われ、単衣に仕立て一度水を通しをし袷に仕立てると良いとか、丁稚(でっち)に着せてから自分の着物にしたなど昔からいわれるほど丈夫な紬として知られています。


とても高価ではありますが、あくまでも趣味の着物で結婚式やパーティーには着ていくことはできませんが、一枚はほしいきものです。

着物通に人気の結城紬です。


紬・大島紬


大島紬は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用され、先染めの着物、織りの着物、かたい着物ともよばれ、多くが手仕事ということもあって趣味の着物ですが、とても高価です。大島は軽く、着やすいので人気のある着物です。


大島紬は、鹿児島県と奄美大島で生産される絹織物で高級着尺地として有名です。


本場大島国旗印
鹿児島県で織られたものには「国旗印」、奄美大島で織られたものには「地球印」がついているので、最近多い「韓国産」と識別することができます。


現在では紬糸が使われていないので、大島紬でなく、大島絣(かすり)というのが正しいとされます。


また大島には、泥大島、藍大島、泥藍大島、色大島、白大島などの種類があり、植物染料と合成染料で染められたものに分けられ、植物染料のものは全体の4分の1といわれています。




▼泥大島
テーチ木という奄美大島に自生する木からとれた液を染料として糸を染め、泥田にいれもみ込み茶色に染めた織物です。とても手間がかかるため高価であることもうなずけます。


▼藍大島
藍染めの糸のみで織った大島で、色落ちがすることから最近では生産されていないようです。


▼泥藍大島
地糸は泥染め、絣糸を藍染めした大島です。



▼白大島
白地に化学染料を使用して色絣模様に染色した大島です。


▼色大島
化学染料を使用して色絣模様に染色した大島です。


スポンサード リンク

フィード