着物倶楽部~着物について~へようこそ

着物トップ

着物について:着物倶楽部の新着情報

留袖の紋変更はできますか

留袖の紋入れ替え

Q.こんにちわ。
留袖の染家紋を一般的な桐紋に変えることは可能でしょうか?
(T様)


留袖貼り付け紋

着物倶楽部管理人です。
ご質問ありがとうございます。

お持ちの留袖の着物の紋を一般的な桐紋というと「五三の桐」でしょうか?
紋を変更されたいとのことですが、
・染め抜き紋として入れ直したいのか(※1)
・一時的に変更されたいのか(※2)
がご質問内容から判断できないのですが、一意見として回答させていただきます。

留袖の紋は、お仕立て前は紋を入れることが分かっているので、あらかじめ紋部分に石持(こくもち)という白丸が入った状態できもの屋さんに並んでいます。その後、お客さんの家紋を染め抜き紋で入れるという流れとなります。

T様の場合は、すでに入っている家紋を変えるということなので
「染め抜き紋」を入れ直す場合(※1)、紋部分の箇所にさらに加工するということになります。 問題は着物の生地の耐久性です。(生地の元々の品質<厚みなど>や経年)
要するに「紋加工することに着物生地が耐えられるか?」ということです。
ですので、その判断は紋加工をされる着物屋さんもしくは悉皆屋さん(紋加工をお願いする業者さん)の現物(お着物)を見てからの判断になります。

また、一時的な紋変更(※2)の場合には、簡易的ではありますが「はりつけ紋(貼り紋・張付紋)」というシール状の紋を貼りつけるという方法があります。(アップリケのようなイメージです。)
※紋は女紋、男紋がありますので貼り付け紋をご購入の際はご注意ください。

紋部分は素人が触ると汚れる恐れがあり修復できないので、一度着物屋さんにご相談されるのがよろしいかと思います。

(2012.9.18)

書籍としての販売はしていないのでしょうか?

着物FAQ

はじめまして。
今まで全く着物について興味がなかったのですが、最近着物が一人で着られたら素敵だなと思い、着付け教室に通いはじめました。
今日が、一回目だったのですが、着物について興味がわき、着物について色々知りたいと思い貴社のページを開きました。
私が知りたいと思うことが全てのっており、NETでなく、書物として手にして読んで見たいとおもったのですが、書籍としての販売はしていないのでしょうか?
もし、販売しているのであれば、価格など教えていただければと思っています。また、販売していないのであれば、資料のコピーなどはないでしょうか。
お返事頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
(A様)

着物FAQ

着物倶楽部管理人です。
メールありがとうございます。

過分なお褒めを頂戴し、恐縮しております。
あいにく、出版等はしておりません。

微力ではありますが、着物を多くの方に身近に感じてほしい、好きになってほしいという思いで2006年に立ち上げたサイトです。

しかしメンテナンスも十分に行えず、現情報を加筆、修正したい箇所もたくさんある
お見苦しい状態です。

今後、少しずつではありますがコンテンツの充実を図りながら、ご質問にお答えする形をとってきたいと思っております。

今後とも着物倶楽部をよろしくお願いいたします。
着付けをマスターされて、一人でお着物が着れるようになられること応援しております。
(2012.917)

絽と紗

絽と紗の着物Q.お教え願います。
夏用の着物で 絽 紗 がありますが どちらが格が上なのでしょうか
また お茶席では 絽 紗 どちらがよいのでしょうか
お解りでしたら 教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします。
(O様)


絽と紗の着物の格について 着物倶楽部管理人です!
ご質問ありがとうございます。

絽と紗は着物の格ではなく、種類です。
夏の着物には上布(じょうふ)という麻で作られた着物もあり、上布も夏物の着物の一つです。

お茶席で着用される夏の着物をお探しと推測いたしますが、茶道の流派やお茶席、お茶会のご亭主、先生のご趣旨があると思います。
一度先生もしくはご一緒される方にどのような装いで出席するのが良いのかをお尋ねになるのがよろしいかと思います。

紗は絽より、高価な着物ではありますが、おしゃれ着的な着物の位置づけになります。

ご理解いただくために例をあげますと、「高価ではあるが来ていく場所が限られる」、「贅沢な着物」という点では大島の訪問着がイメージとして近いです。
用途が限られますので、一枚目の着物に紗を選ぶ方は少ないです。

そのことから、改まったお席であれば、一般的に紗は着用するかたは少なく、絽をお召しになられる方が多いと思われます。しかし、お茶会のご亭主の方が「構いません」と仰られれば来ていくことに問題はありません。

お茶席での夏の着物であれば、絽の色無地が無難ですが、紋なし、紋付が良いのかどうかも、参加される会の趣旨により判断する必要があると思われます。
また紋の有無によって選ぶ帯も違ってきます。

話を戻し、お尋ねの格ですが
上記の色無地の場合でも、紋付、紋なしも格になります。
※紋付 > 紋なし
紋付の方が格が上で、紋の入れ方にも格があります。(染め抜きが格上です)
絽にも「留袖」「訪問着」「付け下げ」「色無地」「小紋」と冬物の着物と同様に格の種類があります。

涼しげな装いで、夏の着物を楽しんできてください。
(2012夏)

フィード